人前で話すコツ。結論をまとめたフローチャートの作り方とは

フローチャート

スピーチや講師役で頭が真っ白になる私の場合

人前で話をするということはなかなか難しいものです。何の準備もせずにいきなり話し出す人はいないと思いますが、事前に言いたいことを準備しておいたとしてもいわゆる「頭が真っ白」になった状態になってしまい、自分が何を言っているのか分からなくなってしまうこともよくあることです。

私も人後に落ちずあがり症で、話しているうちに内容があっちに飛び、こっちに飛び、挙句は結局何を言おうとしているのか自分でも分からなくなってしまうことが度々でした。

セレモニー的な挨拶の場合は、用意した文面をそのまま読み上げても特段違和感はないかと思いますが、スピーチだったり講義的な場だったりするとそういうわけにもいきません。

結論重視のフローチャート図を作成する

熟練した人の話を聞いていると自分の話したい内容に今朝のニュースを引用したり、すぐ前に話した人の内容に触れるなど臨機応変に話を形作っています。こういった神業的なスピーチ術を持っている人には、とても驚くと同時に羨ましく思うものです。

これはもうその人の才能だとあっさり認めて、自分は自分のやり方を工夫することにしました。

そこで私は、誰でもやることですがまずはレジュメを作りました。

言いたいことを喋る順番に大項目に分類して、それぞれの項目について更に話の流れの順に中項目・小項目でフローチャートにまとめます。この時に一番重要なのが、大項目毎の結論です。

結局何が言いたいのかを最後に結論としてまとめておけば、たとえフローチャートの途中を抜かしたり、順番を間違えたりしたとしても結論さえしっかりしていれば、何となくうまくまとめた感が伝わります。最終的なまとめも同様に結論づけておけば、話の締めも完璧です。

横線

番号、色分けでひと目でわかる工夫を

もちろん、これらを丸暗記するのはとても困難なことですので、作成したフローチャートを手持ちの小さなメモにして携帯するのですが、話の途中でメモに目をやっても人前であがっている状態では頭に入ってきません。

そこでもう一工夫、フローチャートの内容に自分なりの番号、色分けをしておき、それぞれ話の冒頭引用部分のキーワードを書いて置きます。頭が真っ白になってしまったら、メモの番号、色、キーワードだけ見て内容を思い出すきっかけにするのです。

メモを持っている、という安心感は人前であがるのを十分緩和する有力な助っ人になることでしょう。

顔から汗が出にくくする裏技

もう一つ、人前であがってしまって顔中から汗が噴き出るということがよくありますが、ハンカチで拭いているうちに余計に焦ってしまってうまく話せなくなる原因の一つです。

トリビア的なことですが、胸のあたりをヒモで強目に縛ると首から上の汗が出なくなるそうです。これは京都の舞妓さんが実際にやっていることだそうで、汗っかきの方は一度試されたら如何でしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ