3つの思考で脳をコントロールする。人前で緊張しないで話す方法とは

会議

脳の思考をコントロールする3つの方法

世の中には生まれつき緊張しやすい人やあがり症の人、なにか幼い時にトラウマなど経験して緊張しやすくなった人などいると思います。

学校や社会に出ると人と接する事が多くなり、そのたびに緊張し、顔が赤くなったり手汗をかいたりする人も多いと思います。

それが嫌で引きこもったり、学校や会社にいくことが嫌になったりおっくうになったりする人も少なからずいることでしょう。

緊張しやすい人やあがり症は脳の構造がそうなっているので、脳の思考をコントロールすることが大事です。

失敗してもいいと考えてみる

例えば、会社などの会議で人前に出て発表をしなければならない時に、自分の前に人がいないと脳に思い込ませたり、そのほかには、脳の中で言葉を思い浮かばせないといった対処をすることで、多少は緊張は解けると思います。

緊張しやすい人の特徴は、失敗したらどうしようとか自分をよくみせたい特徴があると思います。失敗してもいいからなにも考えずやってみると時間というのは自然に流れていきますので、人前での時間は知らぬ間に流れていきます。

自分の好きなことを考え「どうしよう」とは思わない

そのほかには、「どうしよう」と心の中で心配しないことが大事です。どうしようと考えてしまうと、どんどんマイナス思考になっていってしまい、不安になって余計に緊張してしまいます。

思考をコントロールしてなるべくなにも考えないか、自分の好きなことを考えたりして思考をリラックスさせることも大事です。
横線

誰でも緊張するということを理解する

人前にでると誰でも多少はあがったり緊張したりしてしまうので、みんなそうなんだと自分だけが緊張するんじゃないと思うことが大事です。

緊張してはだめだと思うと逆に緊張してしまうので、どうにでもなれと心の中で思い込ませると多少気持ちが楽になり、楽しく人とコミュニケーションをとることができると思います。

あとは緊張しないためにいろいろな情報をパソコンや友達などから聞いて、友達もやってるから大丈夫だと思いこませることです。みんながやってるんだから大丈夫だろうと考え、安心できるのです。一人で抱え込まないで周りの協力を得ることも大事なことだと思います。

まとめ

結論を書きますと、マイナス思考をやめ、失敗してもどうにでもなるから失敗したらどうしようと思わないこと。一人で悩まず周りの友達や家族に協力してもらうこと。

そして、気持ちを緩めてリラックスし気楽になれば、少しは緊張もとけて人前で話すことができるようになると思います。以上が私の緊張せずに話すために実践してきたことです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ