1週間前からのあがり症対策とは?まだ間に合う。劇的な改善法一覧!

女性

1週間前からのあがり症対策とは?まだ間に合う。劇的な改善法一覧!

何度も原稿を読み返す(入念な準備)

プリント女性
練習でできないことを本番でできるはずがありません。逃げずに、あなたがしなければならないことと真正面から向き合ってください。練習すればするほど上手くなり、それは自信に変わります。

他人はそんなに気にしてはいない

残念ながら、あなたが思っているほど他人はあなたに興味はありません。

関連体験記:他人はそんなに気にしていない。あがり症克服の3つの方法

ビデオで自分を撮影し、見てみる

非常におすすめの方法です。3脚とビデオカメラ(なければ携帯電話・スマートフォンのビデオ機能でok)で自分の発表を録画して確認してみましょう。
説明に詰まってしばらく沈黙した時でも、客観的に見れば意外と気にならないことに気付きます。説明している側と聞いている側では流れる時間の感覚が違うのです。

コーヒーの摂取を控える

コーヒー
コーヒーを飲むことを習慣にしている人は、控えてみましょう。コーヒーは過剰に摂り過ぎると精神的な不安を引き起こすことが知られています。
また、コーヒーは口臭の原因にもなります。日常的に口の匂いが気になって、小さな声でしゃべるようになってはいけません。

フローチャート図を事前準備する(結論を大切に)

フローチャート
大切なのは導入と結論です。入り口と出口が明確であれば、それだけで話が締まって聞こえるものです。あとは流れをフローチャートで図化すれば、多少話が飛んでも無難にまとめることができるでしょう。

関連体験記:人前で話すコツ。結論をまとめたフローチャートの作り方とは

関連体験記:プレゼンで緊張しないように私が気をつけていた2つのこと

適度な運動をする

これもかなりおすすめの方法です。日常的に体を動かすことで体質が改善され、体の内から自信がみなぎってきて姿勢まで綺麗になります。

普段から運動をしていない人ほど大きな効果があるので、だまされたと思って一度試してみてください。おすすめは、走っているのか歩いているのかわからない程度の速さで20分以上ジョギングすることです。
なお、ジョギングシューズは必ず購入しましょう。足腰への負担が全く違います。

関連体験記:他人はそんなに気にしていない。あがり症克服の3つの方法

お医者さんの診察を受ける

お医者さんに診てもらうことは恥ずかしいことではありません。依存性の少ない薬もあるので、不安があるのであれば服用して成功体験を積み重ねることも大切です。

関連体験記:あがり症でお医者さんの診察を受けるという選択(38歳男性)

イメージトレーニングを繰り返す

多くの人が体験談として語っているように、イメージトレーニングはあがり症対策の王道です。自分が話している姿を何度もイメージし続ければ本番でのストレスも軽減されることでしょう。

関連体験記:全ては準備。繰り返すことが一番効果的だった(男性会社員)

関連体験記:突然のコメントにも対応。人前に出る経験からのあがり症対策(主婦)

関連体験記:冷えピタでリラックス!イメトレ、深呼吸も併用して緊張を乗り越える方法

自分を知ることでうまく話せるようになる

人前で話す機会が多いのはなんといっても自己紹介です。聞かれることがわかっているのであれば、自分自身を分析して自己紹介文句を磨き上げておきましょう。

関連体験記:就活前に話し方教室に通って成功した体験談(女性会社員)

横線

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ